Home>特集

[ 特集 ]

~家族で行くショートクルーズ~
GWレジャー特集 レジャー編①

新年度が始まったかと思えば、
すぐにゴールデンウイーク(GW)がやってきます。
「今年はどこに行こうか」「何をしようか」と、
検討中のママ・パパも多いはず。
家族みんなで過ごせる貴重な時間だからこそ、
日ごろなかなかできないことに挑戦・体験し、
最高の思い出をつくりたい!
そこで、
GWにおすすめのレジャーならびにイベント情報をお伝えします。

+ 。。++ 。。++ 。。++ 。。++ 。。+

*レジャー編①*

~家族で行くショートクルーズ~

「船の旅」と聞くと、
「費用が高い」「長い休暇が必要」「大人の旅」といったイメージを強く抱かれがち。
しかし、そのようなイメージを覆す大人気の家族向けショートクルーズがあるそうです!
日本旅行TiS岡山支店に詳細をうかがいました。

+ 。。++ 。。++ 。。++ 。。++ 。。+

◆おすすめの『コスタクルーズ』について

おすすめのコスタクルーズは家族に嬉しい料金設定が魅力。大人2名と同室の13歳未満の子どもは2名までクルーズ料金が無料に。クルーズ料金には、「移動費」「宿泊費」「ランチ&スイーツブッフェ」「体験イベント」「プール・ジャグジー」「託児サービス」なども含まれます。船自体がホテルとしてだけでなく、アミューズメントパークと一体化しているので、ここを拠点にゆっくりすることが可能。小さなお子様連れの方は移動の多い旅はとても大変ですが、クルーズは移動も少なく、船内ではパーティーやカーニバルなどが開催されるので十分楽しめそう。さらに、イタリア客船に乗れるというのも魅力的です。

◆「お気軽日本海ショートクルーズと釜山4泊5日」の旅の場合

ショートクルーズの話に魅了され、早速、家族4人(ママ、パパ、小学2年と4年の娘)で申し込むことに。今回は日本海沿岸を短期間で巡るコース「お気軽日本海ショートクルーズと釜山4泊5日」に決めました。初めての船旅なので海を満喫できるよう、窓のある部屋を選択。子どもは添い寝ではなく、“1人1ベッド”というのが基本のようで、私たちの部屋にはベッドが4つあるそうです。福岡から乗船し、途中で停泊する舞鶴(京都府)と金沢(石川県)での観光はもちろん、釜山では活気ある港町を楽しみながら、家族でおいしいものを食べたい!私は洋服が大好きなので、ドレスコードのパーティーも楽しみです♪旅行後には体験レポートを書くので、参考にしてみてください。
※パンフレットPDF

最低限必要な金額

合計181,600円(3食付)※税金別途
*内訳*
・クルーズ料金:167,600円(83,800円×大人2人)※子どもは無料
・博多までの交通費:約14,000円(往復)※今回は車で寄り道しながらゆっくり行くことに!
※料金は日程やコース、部屋のタイプ、オプションなどで変わります。その時のレートによって税金も変動するので、自分に合ったプランを旅行会社に相談されることをおすすめします。

日本旅行TiS岡山支店でクルーズ旅行をお申し込みされる方必見!!!
「LaLa Okayamaの記事を読んだ」と言っていただければ、
何らかの割引サービスが受けられます。

 


ログインして「コメントを書く」