Home>学ぶ

[ 学ぶ ]

「おかやま☆輝く女性☆未来設計応援事業」リポート

岡山県では、さまざまな職場やキャリアステージで活躍する女性を紹介するとともに、活躍する女性同士の交流の場を提供していく事業「おかやま☆輝く女性☆未来設計応援事業」を展開しています。事業内容や展望について、県の県民生活部男女共同参画青少年課、総括参事の金平陽子さんと主幹の的場靖さんに伺いました。 

***・。*・。**・。***・。****・。**

当事業ではどのような取り組みを? 

子育てをしながら働く女性や職場でリーダーシップを発揮している女性など多様に活躍する姿の紹介等を通じて、女性が「夢を持って自らの仕事の将来像を描けるように応援する」プロジェクトですが、取り組みとしては3つあります。

まず、「ロールモデル(目指したいと思える姿)」を紹介しています。
WEBサイト「あなたも輝く☆晴れの国女子」で、多様な活躍をされている県内在住女性をロールモデルとして紹介し、仕事のやりがいやキャリアプラン、仕事と生活の両立方法、これから輝きたいと思っている女性へのメッセージなどを発信しています。毎月、2人から3人程度の女性を紹介していく予定で、働く女性に、悩みの解決につながるヒントを見つけてもらえたらと思っています。

次に、若手社員や産休・育休復帰社員、管理職など同じような立場(カテゴリー)の女性に集まっていただき、交流の場としての「意見交換会」を3回開催します。

1回目:平成30年11月21日(水)「カテゴリー別意見交換会」
2回目:平成31年 2月 9日(土)「ロールモデルを交えた意見交換会」
3回目:平成31年 2月20日(水)「カテゴリーを超えた意見交換会」

現在、参加者を募集しています。職場に同じような女性が少ない方にはぜひ、参加いただき、女性同士のネットワークの輪を広げてほしいと考えています。なお、3回目では、女性を部下に持つ男性上司の意見が聞けるようなプログラムも予定しています。

そして、3つ目の取り組みとして「トークイベント」を開催します。
来年2月9日にイオンモール岡山で、働く女性や再び働きたい女性、大学生・高校生、女性の活躍を考える企業の方々を対象とした、ロールモデルのトークイベント「私の働き方発表会」を開催する予定です。挫折や成功体験を直接聞きくことで、自分のキャリア形成意欲の向上や不安解消方法などを見つけていただきたいと思います。また、同じ会場に家事時短術やファッション・メーク等のブースを設置し、働く女性を幅広く応援するイベントとして実施する予定です。

「ロールモデル」として紹介される女性は?

職種は、営業職・事務職・機械オペレーター・アナウンサー・コンシェルジュなど、業種としては、金融業・保険業・マスコミ業・ホテル業・製造業・研究職・サービス業・建設業・卸売業・情報システム業・公務員など、多岐にわたって20人ほど紹介する予定です。
また、入社2~3年目の若手社員、30代前後の中堅社員、管理職など幅広いキャリアステージの方を紹介しながら、起業された方も紹介したいと思っています。

「ロールモデル」としての選定基準は?

身近に感じられる女性を選ばせてもらっています。
例えば、高校生や大学生に響くように、入社3年目の若手の方や女性がこれまであまり踏み入れたことのない分野で活躍している方を紹介するなど、特定の業種や職種、キャリアステージに偏ることなく選定することとしています。

当事業を始めるに至った背景は?

平成28年度に実施した「岡山県 女性の活躍推進に関する企業意識調査」で、「今より責任が重くなる」「仕事と家庭の両立が不安」といった理由から、女性に管理職への就任を断られた企業があることが分かりました。
また、独立行政法人国立女性教育会館の調査により、女性は就職2年目で管理職志向の減退が顕著になるなどの課題も明らかになりました。
こうしたことから、女性の悩みや不安を解決し、女性自身の活躍する意欲を喚起する、そして、夢を持って自らの仕事の将来像を描けるよう応援していくプロジェクトとして、今年度からスタートさせました。

女性が働くうえでの問題点、県としての取り組みは?

男女共同参画の視点に立った法律や制度が整備され、男女共同参画の意識も浸透してきたとはいえ、固定的な性別役割分担意識はまだまだ残っているのではないでしょうか。その「意識」が、男女が社会の対等なパートナーとしてさまざまな活動に、ともに参画することを妨げているのではと思います。
また、年齢階級別労働力率では30~40代の女性の労働力率が下がっており、いわゆる「M字カーブ」を描いています。これは、女性が妊娠や出産などにより離職していることを示しています。働き続けることができる環境が十分に整っていないことで、女性が本人の意に反して、離職せざるを得ない状況がうかがえます。
県では、企業の女性活躍に向けた環境づくりをお手伝いするために、「女性活躍・WLB(ワークライフバランス)応援アドバイザー事業」として、企業の現状や要望に合わせて社会保険労務士などのアドバイザーを派遣し、企業の実情に応じた取り組みを支援する事業も行っています。この事業についても、ぜひ、お問い合わせいただきたいです。

当事業は子育て世代のママたちにもおすすめです

WEBサイトでは、子育て中だったり、子育てを経験した女性も「ロールモデル」として紹介します。彼女たちの自らの経験に基づいたメッセージには、子育て世代のママたちにとって、たくさんのヒントが詰まっていると思います。
当事業が岡山の女性にとって、岡山を元気にする原動力として活躍されるきっかけになればと願っています。


ログインして「コメントを書く」

Access Ranking