Home>集まる

[ 集まる ]

LaLaアートツアー in 林原美術館 「美術館できもだめし?夏休み ちょっとコワイ美術展」開催♪

子どもたちに美術品を楽しんでもらう「LaLaアートツアー」(LaLaOkayama主催)が8月8日(水)、岡山市北区丸の内の林原美術館で初開催されました♪夏休みで元気いっぱいの小学生ら、親子連れ約30人が参加しました。

*========*========*=======*=======*=======*

観覧したのは、開催中の企画展「美術館できもだめし?夏休み ちょっとコワイ美術展」。夏の風物詩「コワイ」をキーワードに、刀剣や絵巻、工芸品などの館蔵品を展示しています。開会前、不安そうにママを引っ張ったり、目をキラキラさせたりなどさまざまな反応の子どもたち。「本当にコワイのかなぁ」。

最初の展示は刀剣。今回は美術館のコレクションのうち、「コワイ」ほどの切れ味を誇ったとされる品々を紹介。「貳(ニ)ツ胴切落」…。江戸時代、刀剣の切れ味を測るため、罪人の試し切りが行われていたそう。本コーナーでは、持ち手の部分にあたる茎(なかご)に、試し切りによる切れ味を保証する「截断銘(さいだんめい)」が刻まれた刀剣が並んでいました。元々は戦いの武器ですが、試し切りの様子がイラスト付きで解説されていて、想像するとちょっと怖いです。

試し切りによる切れ味は「最上大業物」「大業物」…とランク付けされていたとのこと。今回、解説を担当してくださった学芸員の橋本さんが、海外のガイドブックの星の数に例えて解りやすく教えてくれました。また、個別の作品だけでなく、地鉄(じがね)や刃文(はもん)など純粋な刀剣の解説も。子どもたちは目線の位置や高さを変え、一生懸命刀剣の見立てに挑戦していました。

 

続いては、全国で唯一全巻がそろう同美術館の「平家物語絵巻」の中から、物怪などが登場する「コワイ」シーンをピックアップ。大きな顔の物怪や庭に転がる骸骨…。「全然コワクない!」と息巻いていた子も、最後にはケース内の巻物をじっと見つめながら、しっかりと解説を聞いていました!

後楽園能舞台復元を記念した能道具の展示、「コワイ」ほどの超絶技巧の工芸品を経て、行き過ぎると「コワイ」人間の執念を表した作品へ。恋した僧への嫉妬から竜になってしまう姫君を描く「道上寺(どうじょうじ)下絵」。ラブストーリーと思いきや、その絵には目を見張るものがあります。

最後は人間の死後の世界を描いた作品。「閻魔様、知ってる!」。軸装された双幅の「閻魔・脱衣婆(だつえば)図」では、醜悪な閻魔と脱衣婆が、一緒に描かれた女性の美しさを引き立てます。

「地獄道」や「餓鬼道」、「人道」など、人が死後に転生するとされる世界を描いた「十界図」。「悪いことをすると地獄に落ちる」-。近年、“しつけのアイテム”として活用されることもある地獄の絵。「あの人、燃えてるんじゃない?」。中には顔色が変わる子の姿も見て取れました。

岡山の子どもたちに早いうちから本物の美術品に親しんでもらうよう、同美術館の協力を得て初めて企画した本ツアー。集中力が切れるどころか、終盤になるほど作品を食い入るように見入る子どもたちの姿が印象的でした。

解説が終了した後も自由観覧でお気に入りの美術品を見直したり、橋本さんへ質問したりと各々の時間を過ごされていました。出口付近には「菊花・虫図皿」。花弁や止まる虫の細工の精細さは、まさに「コワイ」くらい!ぜひ、自分の目で確かめてみては!?

次回は8月23日(木)、開催予定(先着順、残りわずか)。企画展「美術館できもだめし?夏休み ちょっとコワイ美術展」は9月2日(日)まで絶賛開催中です!夏休みの思い出に是非一度、林原美術館へ立ち寄ってみてくださいね♪

第2回LaLaアーツツアーの詳細はこちらをチェック!
LaLaアートツアー in 林原美術館 ●8/23(木)~美術館できもだめし?夏休み ちょっとコワイ美術展

「美術館できもだめし? 夏休み ちょっとコワイ美術展」の詳細はこちらをチェック!
【《林原美術館》企画展「美術館できもだめし? 夏休み ちょっとコワイ美術展」】


ログインして「コメントを書く」

Access Ranking