Home>会員プレゼント

[ 会員プレゼント ]

Vol.17超能力戦士ドリアン(Vo.Gt やっさん)「恐竜博士は恐竜見たことないでしょ」
子育てママにもっと音楽を!!LaLa編集部Hiyoの~Life with music~Vol.17

育児や家事に追われる私たち子育て世代。気づけば「ゆっくり音楽に浸る余裕なんてもてない」「音楽に触れる機会がすっかり減ってしまった」-そんな方も多いのではないでしょうか!?
そんな忙しいママさんに、良質な音楽で一時の休息を!日々の暮らしの原動力になりますように。

家族のために毎日頑張るママにこそ聴いてほしい、同じママ目線で厳選した音楽情報をお届けします。

子育てママにもっと音楽を!!
LaLa編集部Hiyoの
~Life with music~

vol.17 超能力戦士ドリアン(Vo.Gt やっさん)「恐竜博士は恐竜見たことないでしょ」

(Vo./Gt やっさんとVo.おーちくんとGt./Choけつぷり)

関西発「歌って踊って笑顔で帰ろう。抱腹絶倒3ピースバンド!」超能力戦士ドリアン。
2016年6月に結成し、ライブイベントやフェスでは興味をそそる独自のパフォーマンスを繰り広げています。
先日開催された“史上初の東名阪ワンマンツアーのチケット”も即完売になるなど、関西圏を中心に一気に知名度を上げている(Vo./Gt やっさんとVo.おーちくんとGt./Choけつぷり)の3ピースバンド。明るく楽しい楽曲は聴くだけで、前向きな気持ちになっていきます。ママさん達からも高評価!3人の素直な歌声と楽しいライブパフォーマンス、そしてMVの面白さにハマる人が続出しています。

今回は“言われてみれば確かにそうだな”と、改めて考えさせられてしまう楽曲「恐竜博士は恐竜見たことないでしょ」や、超能力戦士ドリアン(以下、ドリアン)についてはもちろん、岡山県でのエピソードや子育て世代のみなさんに向けたメッセージをバンドメンバーの代表として“やっさん(Vo./Gt.)”にお話をお伺いしました。

♦大人も子供もハマる曲、「恐竜博士は恐竜見たことないでしょ」(以下、恐竜博士~)ですが、楽曲制作についてのエピソードを教えて下さい

「恐竜博士~」はバンドを結成後、1年半くらいの時に作りました。「あるあるネタ」を歌うバンドは他にあっても「言われてみたらそうやな」という疑問と「ないないのあるある」が混在してる曲ってあんまり無いし面白いんちゃうか?と思って作りました(笑)
楽曲制作についてはどの曲でも、メロディーをイントロから鼻歌やアカペラで歌ってボイスメモに録音し、それをメンバーのけつぷり(Gt./Cho.)に送り音楽として仕上げていきます。傍から見ると分け分からん事やってるな!って思われると思います・・・。

♦ステージでは冒頭から恐竜(ティラノサウルス)が大暴れし子ども達もそれを見て、とても楽しんでいますね。

ありがとうございます!最近は若者だけでなくお子さん連れのお客さんも増えて来ました。
僕たちのライブはモッシュ(ぶつかり合う)などが無いので、初めてライブを観に来てくれた人でも平和で楽しく歌って踊れるように考えながらやっています。
ステージではボーカルのおーちくんが大暴れで踊ってくれるので視覚からも興味を持っていただけると思います。最初は「アイツらなにやってんねん」と嘲笑されるくらいが僕らにとっては丁度いいんですよね。

 

♦音楽活動や楽曲を制作する上で努力している事はありますか?

最近は演奏技術の向上の為にギターをめちゃめちゃ練習しています。それに、ここ1年くらいボイストレーニングにも通っています。成果も出てきて、声を飛ばさない(枯れない)ようになりました!
制作で一番大変なのは曲のテーマを考える時ですね。無理やり曲を作っても面白くはならないので、日常メンバーとしている“ふざけた会話”の中からヒントを得てそれを膨らませて行くようにしています。メンバーは大学時代の軽音サークルの仲間なので、笑いのツボは共通しています。彼らにウケなかったら世間にもウケないだろうという、そういう基準で曲を作っていますね(笑)
バンド内での僕の役割としては、技術は無いけどアイデアは沢山あるのでステージの構成やMVなど、プロモーション案、曲の原案はどんどん出して形にしています。ギターボーカルでありながら“エグゼクティブプロデューサー”も担当しています。



大阪の中心でCDをアピールするやっさん


♦なぜ「面白い(楽しい)音楽」をしようと思ったのですか?

3人とも音楽が好きなので、芸人では無く音楽で人を楽しませたかったというのが一番の理由です。
それと、“僕は気にしぃな性格”なので、お客さんが楽しんでいるのかどうかをすぐに知りたい質なんですよ(笑)僕たちの音楽でお客さんが笑い、手を挙げてくれるのを見ると安心できる。面白い音楽というのはお客さんの反応をダイレクトに見る事ができるんです!

♦幼少期の音楽環境を教えてください

子供の頃は歌う事が好きではなかったんですが、両親が音楽好きだったのでその影響で音楽番組や両親が好きなアーティストのDVDを見て育ちました。
ライブデビューは小学校低学年の頃に母親とポルノグラフィティのライブを観に行ったのが初めてですね。思春期にはジャニーズも聴くようになり、その頃に聴いていた音楽が今作っている音楽にも反映されているような気がします。



ドリアンのCDについて熱く語るやっさん


♦岡山の印象やエピソードを教えてください

岡山と言えば駅前の桃太郎の銅像ですね、やたら鳩が止まっていますよね。桃太郎ごと飛んで行ってしまうんやないかと心配しています!(真顔)
あと、岡山ではmachiotoとhoshiotoと言う音楽イベントに出演させてもらっています。井原市青野町で毎年初夏に開催されるhoshiotoは手作りで温かい感じの野外フェスで規模感もちょうど良く最高ですよね。
それと、大学を卒業してすぐに3年ほど就職していたんですが、その会社が岡山に本社がある企業でした。岡山には泊まり込みで研修に行った事もあり・・・ご縁を感じています。
バンドのマスコットキャラクター「ピーチボーイ」も“桃”ですしね!

♦初めてドリアンを知った子育て世代の方にメッセージをお願いします

サラリーマンをしていた頃は仕事柄、子育て世代の方とも接する機会が多くありました。妊娠中からお子さんがある程度大きくなるまでの間は自分達の娯楽を削ってでも子供を中心に生活をしないといけないんだなぁ、といつも感じていました。
子育て中の方にもライブ会場に足を運んで頂きたい気持ちはもちろんありますが、それが難しい場合はCDやユーチューブで僕たちの笑える音楽に触れていただき、楽しい音楽の世界を知る入り口になれたらいいな。と思っています。
MVも皆さんが笑えて元気になれるように配信していますので是非、ご覧ください!

 

≪公式HP≫
≪公式ツイッター≫
≪やっさんツイッター≫
≪超能力戦士ドリアンYouTube≫ 

今回、やっさんのプロデュース力についてのお話も伺いました。繊細で気遣いのできる人柄と常にバンドの事を考え行動しているという姿勢にとても感心しました。
今回の取材で一番驚いた事は鼻歌で曲を作っているという点。
「アメリカの赤ちゃんもオギャーって泣くのかな?」
という私が大好きな楽曲の間奏部分はどうやって鼻歌で表現したのか気になって仕方ありません・・・。
人気急上昇中のドリアンですがライブも沢山決まっています。2月10日(日)には岡山のサーキットイベントmachiotoに出演。その他、岡山近県のフェスやイベントにも多数出演が決定しています!詳しくはオフィシャルHPやツイッターでチェックしてみて下さいね!(N)
>一覧に戻る

ログインして「応募する」

Access Ranking