Home>食べる

[ 食べる ]

【岡山・ブランチ岡山北長瀬・飲食店3選】つむぎコッペ・CAFE Tokidoki KOEIDO・フェリヌ.de.riz

 

2019年6月27日(木)にグランドオープンした「ブランチ岡山北長瀬」

LaLa編集部では、この中に出店している3店舗をピックアップし、取材しました。

 

①コッペパン専門店 つむぎコッペ

②“ときどき”思い出して、“ときどき”行きたくなる『CAFE Tokidoki KOEIDO』

③グルテンフリー〜お米のクレープ屋さん〜「フェリヌ.de.riz」

①コッペパン専門店 つむぎコッペ

 

1階駅前広場の目の前に、コッペパンの専門店 つむぎコッペの3店舗目がオープン。

テイクアウトが中心のつむぎコッペでしたが、ブランチ岡山北長瀬店では、イートインスペースもあり、その場での飲食も可能。

天気のいい日にはお気に入りのコッペパンを選び、広場でピクニック気分で過ごすのもgood♪
土日は閉店までに完売することも。

岡山県産の小麦粉を使用したコッペパンは、とてもいい香りでふわっふわ。惣菜系とおやつ系の約25種類あり、それぞれの人気NO.1を聞いてみました。

 

・お惣菜系NO.1

ぷりぷりエビカツ ¥380(税込)
その名の通りぷりぷりのエビカツをふわふわのパンで包んだ人気メニュー。
コッペパンはどんな具材とも相性が良いが、エビカツとのコンビは間違いない。
パンがふわふわなゆえ、しみ込んだソースが全体に行きわたり、噛みしめる度に口の中で広がる。
食べ終わるころには、もうひとつ買っておかなかったことを後悔するかもしれません。

・おやつ系NO.1

抵糖十勝あんバター ¥260(税込)
塩気と甘みの黄金比を叶えた、どっちも味わいたい人のための欲張りメニュー。
バターのこってりとした重たいイメージに躊躇してしましそうになるが、いつ覚えたのか、
あんとバターがコッペパンにはさまると美味しいことを知っているので無力だった。
一面に敷き詰められた”あん”に添えられたバターは、想像よりもあっさりとした印象で、小麦の香ばしさも引き立つ。
あんバター未体験の人にも、自信をもっておすすめします。

▼その他のメニューはこちら

株式会社 笑福屋
代表取締役 石戸 紀代美さん

つむぎコッペのこだわりは、なんと言っても岡山県産の小麦粉「もんげー粉」を使用したパン。そのまま食べても美味しいパンになるよう、こだわって作っています。
小さなお子様からお年寄りまで、みんなに愛されるコッペパンで、長く親しまれる地域密着型のパン屋さんになっていけたらと思います。

つむぎコッペ

086-250-0780

11:00~18:00 定休日:月曜

 

②CAFE Tokidoki KOEIDO

 

 

 

『CAFE Tokidoki KOEIDO』は「廣榮堂」の新ブランド。



“ときどき”思い出して、“ときどき”行きたくなる、をモットーに、四季折々の和菓子がいただけます。
普段、和菓子に接する機会が少なくなりがちな、若い世代でも入りやすいおしゃれな店内は、お子様連れのママさんも多く訪れるそうです。

カフェメニューだけでなく、デザートに和菓子がついてくる「Tokidokiごはん」小鉢あり950円(税込)小鉢なし750円(税込)というお食事メニューもあるので、ママ同士のランチ会にもおすすめ。和菓子とドリンクをセットで購入すると、100円引きになるので、豆大福140円(税込)と、アイスコーヒー400円(税込)でなんと、440円(税込)という驚きの価格になり、高級で敷居の高いイメージの和菓子をぐっと身近に感じられる。

 

・和菓子NO.1

季節の和菓子と豆大福(名称・値段は下記参照)
NO.1と言いつつ、4つ並んでしまっているのには深い深い理由があります。
季節の和菓子は、四季に合わせた入れ替えの早いメニュー。
早いもので2週間ほどで入れ替わってしまうとのこと。
Tokidoki(ときどき)立ち寄って、和菓子のラインナップを
チェックするのも楽しみの一つになります。
キラキラ輝く夏季メニューや色鮮やかな和菓子は、しばらく見つめていたくなるほど魅力的で、
ひと口食べれば、ほっとするような贅沢な甘みで満たされる。

 

・ドリンクNO.1

カフェラテ 500円(税込)
和菓子といえば熱~い日本茶!と私も昨日までは思っていました。
こだわりのエスプレッソマシンから作り出される、香り高いコーヒーを使用したカフェラテが、和菓子の優しい甘みで調和され、至福のひとときが完成する。

▼その他のメニューはこちら

▼和菓子の値段はレジのカウンター前で確認できる

株式会社 廣榮堂
社長室 主任 小西 祐貴 さん

幅広い世代のお客様に、和菓子を身近に感じていただけるような店舗を目指しています。
岡山ではめずらしい、和生菓子を食べられるカフェなので、ぜひ多くの方に足を運んでいただけたらと思います。
四季折々の和菓子は、一年を通して飽きることなく楽しめるので、”ときどき”思い出して、”ときどき”行きたくなる、CAFE Tokidoki KOEIDOの変化をご堪能ください。

 

CAFE Tokidoki KOEIDO

086-250-5554

10:00~20:00(L.O.19:30) 
(12/31、元旦のみ休業)

 

 

③グルテンフリー〜お米のクレープ屋さん〜「フェリヌ.de.riz」

 

 

 

ごはん系のお店にならんで、スイーツ屋さんを発見。岡山県産の米粉を使用した、お米のクレープ屋さん「フェリヌ.de.riz(フェリヌ デ リ)」です。グルテンフリー、エッグフリー、ミルクフリーに対応しており、アレルギーのある人も安心して食べられる。
岡山では珍しい、米粉を使った生地に、ソイミルクのホイップクリームを使用したクレープが特徴。(ミルク・カスタードに変更可能)
口当たりはさっぱりとしているのに濃厚で、もちもちした米粉のクレープ生地との相性は抜群。
店内にはイートインスペースもあるが、店外にもフリースペースのテーブルとイスが置かれているので、人数が多くても安心。

 

・米粉クレープ人気NO.1

ストロベリーバナナチョコ 550円(税込)
米粉を使っているので、一般的なクレープの生地より、もちもちした食感に。
実は、単純にミルクをソイミルクに変更できることは多いが、ソイミルクの”ホイップクリーム”はとても珍しいもの。
その味わいは、ミルクに負けない濃厚さがあり、それでいて飲み込んだ後にはさっぱりとして、しつこくない印象がある。
一番人気は、ストロベリーバナナチョコ。みんなの大好きを詰め込んだメニューは、ぜひソイミルクで味わっていただきたい。

・タピオカドリンク
約10種類のタピオカドリンクも揃っている。
タピオカドリンクは350円(税別)から、ソフトドリンクは300円(税別)。
クレープとセットで購入すると、100円引きに。

 

▼その他のメニューはこちら

PU-AN企画株式会社
代表取締役 河田 明記

イベント出店時に、アレルギーがありクレープを食べたことのないお子さんに米粉クレープを提供したところ、嬉しそうに頬ばるお子さんを見て、親御さんは涙を流して喜んでいました。
このときに、米粉クレープや、アレルギーに対応することで、その人の人生が一瞬で変わることを知りました。
「アレルギー大丈夫ですか?」と、ひとことかけることで、メニューに表示されていない他のアレルギーにも、できるかぎり対応して提供します。
絶対に手を抜けない商品なので、常に変わっていくアレルギーの情報を、従業員とともに常に勉強し、知識を得ることも忘れません。
今までは移動販売でなかなかお会いできる機会が少なかったのですが、ひとりでも多くの方に食べていただけるように店舗を設け、営業時間も11時から20時まで開けています。ぜひ、一度お越しください。

 


フェリヌ.de.riz

086-269-0666

11:00~20:00

 

今回取材させていただいた3店舗は、どれも素敵なお店ばかり。

ぜひ、足を運んでみてください♪

>一覧に戻る

ログインして「コメントを書く」

Access Ranking