Home>食べる

[ 食べる ]

【テイクアウト】お家で本格的なタイ料理を楽しもう!


【ママ向け ・ 親子向け・テイクアウト】

テイクアウト

【店名】

アジアン食堂 アチェチェ

【住所】

岡山市北区奉還町2-1-20

【電話番号】

086-252-5005

【営業時間】

緊急事態宣言中は、11:30~19:30

ランチ 11:30~14:00
ディナー 17:00~22:00
ご予約の状況により、営業時間が変動致します。

【定休日】

緊急事態宣言中は、月・火曜

ランチ 月・火曜日
ディナー 月曜日
イベント出店につき、不定休になる場合がございます。

営業時間・定休日は、今後の状況により変わりますので、FacebookまたはInstagramでご確認ください。

【駐車場】

なし

【テイクアウトメニュー】

カオマンガイ 900円
トムヤムクン 880円 
トムヤムクンヌードル 980円
ガパオライス 880円
ガイヤーン680円
カオガイヤーン 880円
パッタイ 980円
ソムタム(季節限定)800円
レッドカレー 900円
グリーンカレー 900円
ヤムウンセン 800円
本日のサラダ 680円
おつまみSET 680円
タイ風~豚角煮 680円
※全て、消費税・容器代込み

【事前予約】

可能。当日注文対応いたします。

【店内のコロナ対策】

マスクの着用
頻繁にアルコール消毒
常時換気
その他、時短営業やお手洗い利用不可など工夫しています。

【お店の特徴・こだわり】

店主がタイに何度も足を運び、本場の味を岡山で提供。
タイの唐辛子や調味料はもちろん、岡山県産のマイルドパクチーや桃太郎地鶏など地元の食材もふんだんに使用している。
「辛味」「甘味」「酸味」すべてが一品に感じられるタイ料理の数々は熱烈なファンも多い。

【子どもに嬉しいポイント】

タイ料理といえば辛いイメージですが、辛み抜きなど調整可能。
「カオマンガイ」「ガパオライス」「ガイヤーン」「パッタイ」は、お子様に人気です。
家庭でタイの食文化に触れることができます。

【編集後記】

奉還町でひときわ目立ち、タイの屋台の雰囲気を醸し出す「アジアン食堂 アチェチェ」
私はタイ料理が大好きで、何度も足を運んだことがあります。美味しくてクセになる料理ばりで定期的に食べたくなり、今はテイクアウトのみの営業ということで、「カオマンガイ」「ガパオライス」「パッタイ」「ソムタム」を持ち帰りました。
テーブルに広げると色鮮やかな食卓になり、スパイスの独特の匂いが食欲をそそります。
娘も「なんだか今日はタイに旅行した気分♪」と嬉しそう。
どれも私が大好きなパクチーが入っています。(苦手な方は抜いてもらえますよ。)
それも「岡山マイルドパクチー」。マイルドな風味で生でも美味しく食べられます。
パクチーが苦手な方にもぜひ試していただきたいです。
まずは、見た目はシンプルなのに奥が深い「カオマンガイ」。
丸鶏で仕入れ、本場と同じく蒸し茹でにしたしっとりジューシーな鶏肉と、茹でた時にできたチキンスープでふわふわに炊き上げられたジャスミン米。そして、自家製タレが香り豊かでなんともいえないおいしさ。(某探偵TV番組でも取り上げられていました。)
先代から受け継いだ甘タレ、本場タイで習得した辛タレ、両方程よくブレンドした甘辛タレの3種類から選ぶことができます。今回、甘辛タレを選んだのですが、ピリッとした辛さがアクセントになっていました。タイ料理初心者にオススメです。
次に「ガパオライス」は、挽き肉とバジルが炒めてあるのですが油っぽくなく、バジルの香りが食べた時にフワッと鼻を通り抜けます。食感もよく、絶妙な焼き加減の目玉焼きと一緒に食べるとご飯がいくらでも食べられます。
続いて「パッタイ」。米麺を使ったタイの焼きそばです。アチェチェではオムたまごのせ。
もちもちの麺とふわふわのたまご。エスニックな味の焼きそばはエビなど具材も多く食べごたえバッチリ!
最後に私の大好物!「ソムタム」。青パパイヤを叩いて作るコリッコリ食感のスパイシーサラダです。甘くて辛くて酸っぱい、砕いたナッツがアクセントになってより歯ごたえも楽しめ、一度食べるとやみつきになります。クセになるソムタムは、ビールにも合いますよ。
「妊婦さんやまだ母乳育児中のママさんには、唐辛子は控えたほうがいいかも」と優しい店主の中峠さん。唐辛子を抜いてもきっと満足のできる味です。
お家で作るのはなかなか難しいタイ料理、この機会にぜひ家族みんなで楽しんでみてください。

≪Instagram≫

≪Facebook≫

 

>一覧に戻る

ログインして「コメントを書く」

Access Ranking