Home>ライフ

[ ライフ ]

【ママ向け・ワークショップvol.6】ママだって息抜きしたい! 3時間以内でリフレッシュできるワークショップvol.6

24時間365日、休みのないママ業。
家事や仕事、育児の両立で体力的にも精神的にも疲れ、いつの間にか寝落ちの毎日…。
「たまには息抜きしたいな」と思うこともありますよね。
そんな時にオススメなのがワークショップ。
LaLa編集部では、気軽に参加できるワークショップをシリーズでご紹介します。
頑張り屋のママさん!!!上手に息抜きをして心も体も健康を保ちましょう。


~kiyonofactory ~

今回は、様々なワークショップを主宰されているkiyonofactoryさん こと 佐竹きよみさん(38歳)の「クリスマス雑貨ワークショップ」の様子を取材しました。

 
 
◆ワークショップ「クリスマス雑貨づくり」


 LaLa編集部が今回お邪魔したレッスンは「クリスマス雑貨」のワークショップ。
会場は南区内尾にある「あんどぴいす」。小さな子連れの方2組での開催となりました。「あんどぴいす」さんではDVDや玩具を用意していただいたり、店舗の前には子供用の滑り台も用意していただいたりと子連れウェルカムにしてくれているのがなんとも嬉しい。お店のスタッフの方もとても優しくて、たくさん遊んでいただきました。敷地内にはドッグランもあり、子どもたちも気分転換に外に出て大きな犬をみたりと、子供のペースに合わせながら和気あいあいと楽しめた賑やかなワークショップになりました。


今回は、「クリスマスリース」と「大きな松ぼっくりのツリー」の二種類のワークショップを同時進行。「クリスマスリース」は、佐竹さんセレクトの木の実やフルーツ、リンゴなどバランスよくつけていきます。リボンをのせるとまた雰囲気ががらっと変わるのも不思議で悩まれながらもとても素敵なものが完成しました。「大きな松ぼっくりツリー」の「松ぼっくり」はなんと佐竹さんが山から採ってきて煮沸して乾燥して…ととても手間がかかっています。間に丁寧に丁寧にモスをいれて木の実をたっぷりつけた存在感がある優しいツリーが仕上がりました。

   

はじめからほっこり優しい雰囲気のワークショップですが、ちょうどいい頃合いに佐竹さんが用意してきてくださった暖かいお茶をだしていただきとっても和みました。手を動かしながら、子育ての話や心配事など、初対面のはずなのに皆さん自然とお話されているのが印象的でした。

◆魅力的なレッスンメニュー

「2wayコサージュづくり」「布リース」「ヘアゴム」「マグネット」「ブローチ」「クリスマス雑貨」「しめ縄リース」など内容もりだくさん。

◆募集中のワークショップ・今後参加予定のイベント等

1/17 カイルアハウスカフェ「布リース」
1/23 umeno「子育て家事シェア座談会」(布リース)
2/7 umeno「2wayコサージュ作り」
2/25  umeno「子育て家事シェア座談会」(手仕事ワークショップ付)
子連れ:可
問い合わせ・予約: Instagram:kiyonofactory
◆販売先
・あんどぴいす
・人・jam(出石町店・津島モール店)
・自然食材おはな

◆◇◆2男1女のママでもある講師の佐竹きよみさんに聞きました◆◇◆

―講師になろうと思ったきっかけは?
 出産後に子育ての大変さや不安などで心細くなる事も多く、気軽におしゃべりできる場がもっと身近にあったら良いなと思いました。私自身ママになり小さな子どもがいてもオシャレをしたり、お部屋を可愛く飾ったり日々の暮らしを楽しみたいと身の回りの物を手づくりするようになりその時のワクワクした気持ちを少しでも伝えることが出来たらと子連れで参加できるワークショップを自宅で開催するようになりました。
岡山県へ引っ越したのを機に自宅ではなく、出張でのワークショップがメインに変わりましたが、ママ達を応援したいと活動を続けています
―ワークショップで、ママにオススメのポイントは?



 私自身、3人の子供を育てるママです普段は託児スタッフとしても活動しているので、お子様連れ大歓迎です。ママがリフレッシュして笑顔になる事は家族みんなの笑顔に繋がると思います。子ども達の事も見守りながらワークショップを進めていますので楽しくおしゃべりしながら一緒にものづくりをしてみませんか?小さな子がいても大丈夫です。安心して気軽に参加してくださいね。もちろん大人女子の方の参加も大歓迎です
―その他 伝えたいことは?
東日本大震災を機に岡山県へ移住して来ました。災害や防災について、私自身が感じた事や気をつけていることなど、ママ目線でお伝えする活動もしています。
ワークショップの時に防災についての質問などにもお応えしています。

【編集後記】
子連れでのワークショップはなかなかハードルが高い方も多いかと思います。佐竹さんは、託児スタッフをされていることもあり、子どもの扱いはお手の物。お子様大歓迎と謳ってらっしゃるだけあって気づいたら、生徒さんのお子さんをササッと抱きながらワークショップをされていてびっくりしました。かくいう私の娘もいつの間にか「松ぼっくりツリー」を作らせてもらっていて今まで見たことのない集中力で楽しんでいました。このようなワークショップ以外にも防災や整理収納術、作り置きおかずをテーマにした活動など精力的な行動に頭が下がります。子育て中にふと感じる孤独・不安な気持ちがある方はぜひ佐竹さんに会いにいってみてください。何か解決の糸口がみつかるかも。じんわり暖かく包み込んでもらえますよ。

>一覧に戻る

ログインして「コメントを書く」

Access Ranking