Home>ライフ

[ ライフ ]

【岡山・オシャレ&美容】 ママのための美ライフジャーナルvol.4

子育てや家事で毎日忙しいけれど、やっぱりキレイでいたい!
そんなママたちに読んでほしい美容やファッション、ライフスタイルの最新キレイ情報を、美や暮らしのプロフェッショナルにインタビューしてお届けします。

◆vol.4(2020年6月)◆
今年こそは絶対に焼きたくない!夏の紫外線対策と美肌ケア
美ライフジャーナル4回目は、そろそろ気を付けなくてはいけない紫外線と夏の美肌ケアについて、「メナードフェイシャルサロン野田」オーナー兼エステセラピストの星野恵美子さん(37)=岡山市北区在住=に話をうかがいました。

エステセラピスト
星野恵美子さん


出産後、エステセラピストの資格を取得。エステサロン特有の料金プランやしつこい勧誘を自ら経験したこともあり、少しでも安心して気軽に来てもらえるサロンを目指しています。また、ふっくらとした柔らかい手でのエステは、お客さまから「気持ちよすぎていつのまにか眠ってしまう」と好評です。

―紫外線対策の基本を教えてください。
1年中、毎日どんな天気でも、日焼け止めを使用するということです。

子どもから大人まで日焼け止めの使用は当たり前になってきていますが、曇りや雨の日でも油断は禁物!外出せず家にいる時でもきちんと使うことも重要です。洗濯物を干したり、ゴミ出しなどのわずかな時間でも肌は確実にダメージを受けます。室内にいる時でも窓から紫外線が降り注いでいることを忘れないでください!紫外線は日焼けによるシミだけではなく、シワ・タルミの原因にもなります。肌の老化は年齢よりも紫外線の影響が大きいのです。

また、こまめな塗り直しもとても大切。顔にはUV効果のあるメイク品を使い、さらに守っていきましょう!帽子や日傘、サングラス、手袋なども積極的に活用してください。マスクも紫外線を通すので、しっかり対策をしてくださいね。

ここで日焼け止めに表示されている「PA」と「SPF」について簡単に説明します。日焼け止め選びの参考にしてくださいね。
●「PA」 …シワ・タルミの原因になるUV-A(老化光線)を防ぐ
PAは+が多いほど、肌のハリ・弾力の低下を防ぐ効果が高くなります。「+」「++」「+++」「++++」の4段階で表示されます。
●「SPF」…シミの原因になるUV-B(日やけ光線)を防ぐ
SPFは数値が大きいほど、日やけ(肌表面)を防ぐ効果が高くなります。最高値は50で、それ以上は「50+」と表示されます。

―夏に気を付けるべき美肌ケアは?
とっても大切な「美白ケア」と忘れがちな「ハリ・うるおいケア」です。

美白化粧品の種類はとても多く、何を使っていいのか分からないという方も多いですよね。ただ何となく使うのではもったいないですし、効果も感じにくいはず。自分の肌と向き合ってどんな悩みがあるのか、どのようにしたいのか(例えば、ここのシミを薄くしたいなど)を明確にして、商品を選びましょう。選ぶ際はプロに相談するのが一番だと思いますが、なかなか聞きづらいという方は友達と情報交換してみるのもいいですね。

紫外線は「コラーゲン」にダメージを与え、肌のハリ・弾力にまで影響を及ぼします。コラーゲンは肌を支えてくれている大事な“柱”。その柱が崩れると…。想像すると怖いですよね。また、肌は冷房などによっても乾燥してしまいます。コラーゲン配合の化粧水や美容液、最近は飲みやすいコラーゲンドリンクも増えており、鶏肉などの食品からも摂取できるので、しっかり保湿し、コラーゲンを中からも外からも積極的に取り入れましょう。

―うっかり日焼けをしてしまった時はどうすればいいですか?
まずは肌を鎮静させること。顔にはパックがオススメです。ただし、日焼け直後に使えるものにしてくださいね。日焼けは同時に肌がとても乾燥してしまっているので、何よりも保湿です!!!体にはボディーローションなどを使用し、日焼けした部分をしっかり保湿してください。


―暑い夏でもメイクを崩れにくくするポイントは?
洗顔後に化粧水や乳液などを使用し、すぐにメイクするのではなく、少し時間をおき、化粧水などが肌になじんだことを確認してからメイクしましょう。ベタっとした状態から始めると崩れやすくなります。また、日焼け止めやメイクベースなどの塗りすぎにも注意し、薄く膜をはるイメージで塗りましょう。

ファンデーションは、リキッドよりパウダータイプがオススメ。どうしてもリキッドを使いたいという方は仕上げのパウダーを細かいところまでしっかりつけてください。「目元が崩れやすい」という相談が多いのですが、アイカラーやマスカラをする前にしっかりパウダーをつけておくだけで崩れにくくなります。パウダーファンデーションの場合でも、さらにその上につけてみてください。少しの手間でメイクは崩れにくくなりますよ。

―最後に星野さんの美の秘訣を教えてください。
毎日、顔のマッサージをしています。力を入れず、優しく、リンパを流す方法です。年齢とともに肌の生まれ変わりも遅くなってくるので、それを促すためと、自分の手の状態の確認もしています。お客さまの肌に直接触れる自分の手がどんな感じなのか、どのようにすると心地よいのか―などを考えながら、ゆっくりリラックスしてできる時間をつくっています。

娘が小さく、まだ手が掛かる頃は毎日マッサージしたくてもできないことがありました。でも、たまに早く寝てくれたり、時間に余裕ができた時にマッサージやパックをすると肌が生き返った感じがして、リフレッシュできました。

そして、正しい知識を身につけること。美容の情報はあふれ、日々新しくなっています。情報に振り回されないように気を付けながら勉強を重ねるとともに、化粧品の力を十分に引き出すために使い方を守り、自分流にならないようにも心掛けています。

■メナードフェイシャルサロン野田
HP:https://www.menard.co.jp/sp/shop/detail/00650315s/
Instagram:https://www.instagram.com/menard_noda/
Facebook:https://m.facebook.com/menard.noda.701/

【取材後記】
紫外線対策はやらないといけないと分かっていながらも、ついうっかり忘れてしまい、気付けば日焼けをしてしまっていたり、シミができていたり、後悔することも多々。今回取材で衝撃を受けたのが、シワやタルミの原因にもなるということと室内でも油断できないということ。「しっかり対策しないといけない」と気持ちが引き締まりました。また、メイクも簡単に崩れにくくすることができると分かり、さっそく目元にパウダーをつけてからメイクをしたところ、夕方にはマスカラが落ちてパンダのようになっていたのが気にならなくなりました!!!少しのことですごい!!!
常にお客さんのことを考えている星野さん。同世代の女性からの支持も多く、エステの予約は取りづらくなっているそう。化粧品の販売もされているので、肌の悩みがある方はぜひ相談してみて(相談だけでもOK)。また、家でのマッサージ方法など正しいお手入れも教えてくれる『美肌レッスン』(要予約)も人気です。興味のある方は早めに問い合わせてみてくださいね。(LaLa編集部・H)

>一覧に戻る

ログインして「コメントを書く」

Access Ranking