Home>育てる

[ 育てる ]

[歯科医師ママの健康教室] 歯磨きのついでに舌を育てる方法♪

食べたり、言葉を発音したりすることがうまくできない子どもの口の機能の発達支援や、高齢者の誤嚥・認知症の予防に役立つ健康法「ベロタッチ」

ベロタッチとは?
 ベロタッチは、脳性まひやダウン症の子どもたちのお口の機能発達支援のために、熊本の歯科医師 吉良直子先生が考案された手軽な健康法です。

ベロタッチの方法
 ベロタッチは、歯を磨くときに、舌先の3分の1程度の左右と前方を歯ブラシで2~3回軽く
ちょんちょんとタッチするだけです。

 毎日続けると、舌が押し返すような動きが生まれてきます。
そして、口の中や舌の神経に刺激を与え、舌の動きや唾液の分泌を促し、機能の発達を促します。

ベロタッチの効果♪
 ベロタッチを続けることで・・・
  ・唾液が出る
  ・舌の動きが良くなる
  ・口呼吸が減少する
  ・食欲が増す
  ・表情が豊かになる
 などの効果がみられます。




歯磨きのついでに簡単にできる♪

 お家で歯磨きのついでに誰でも簡単にできますし、お金もかからず、副作用もないシンプルな健康法です。

 診療室でお子さんに伝えると、小学校に入る前のお子さんも簡単に真似できるので、自分で毎日やってもらうようにお話ししています。

 赤ちゃんはお母さんにベロタッチをしてもらっていて、離乳食のサポートとしてもオススメめしています。

ぜひ、お家で歯磨きのついでに舌を育てる健康法として取り入れてみてください。

次回は[糸ようじ・デンタルフロスの効果]についてお伝えします。
楽しみにしていてください♪

>一覧に戻る

ログインして「コメントを書く」

Access Ranking