Home>育てる

[ 育てる ]

ママ楽♪おやこの作り置き/かんたん“時産”ごはんのススメ④暑い季節にさっぱり♪チキンと新玉ねぎの南蛮漬け

岡山ママの皆さん、こんにちは!
元保育園の給食の先生で、“時産”料理講師の木村ひろこです。
※時産をご存知ない方は初回記事参照。

今回も日々忙しいママに向け、親子で食べられるカンタン時産ごはんをご紹介します♪

 

【今月の作り置き チキンと新玉ねぎの南蛮漬け】

今回はレッスンでも大変好評の南蛮漬けをご紹介。

電子レンジで蒸し鶏にして調味液に漬けるあっさりレシピ。

蒸すことで調味液に油があまり残らず、冷蔵保管しても油が固まりません。

冷製メニューとしてそのまま食卓に出せて、これからの暑い季節にぴったり!

手軽で美味しいので是非お試しください♪

 

【材料】

鶏もも肉 1枚(250~300g程度)

新タマネギ 1個

酒 大さじ1

(調味液)

酢 大さじ1+小さじ2

しょうゆ 大さじ1+小さじ2

酒 大さじ2

砂糖 小さじ2

鷹の爪(お好みで)

 

【作り方】

①新タマネギを薄切りにする。

②鶏もも肉を耐熱容器に入れ、フォークで裏表に穴を開ける。

③鶏もも肉に酒を回しかけ、ふんわりラップをして600wの電子レンジで6分加熱する。

④別の保存容器に調味液の材料を入れて混ぜる。

⑤鶏もも肉を電子レンジから取り出し、竹串や爪楊枝などを刺して中まで加熱できているか確認。必要であれば追加で加熱する。

⑥十分に加熱できたら調味液に鶏もも肉、タマネギを重ね入れる。

⑦調味液に浸かりやすいよう、上からラップなどで落とし蓋をする。

⑧しっかり味が染みるよう途中で上下をひっくり返す。

⑨盛り付けて完成!

 

【ワンポイント!】

しっかりと調味液に浸かった翌日以降だと、より美味しくお召し上がりいただけます。

今回は新タマネギだけですが、ニンジンやピーマン、パプリカなどの千切りを加えてもOK。

⑤で出た汁は、水を加えてしょうゆや鶏ガラスープの素などで味付けすると中華スープに変身!

材料を余らせることなく美味しくいただけます♪

 

 

木村ひろこ

岡山県瀬戸内市出身、岡山市在住。自然豊かな環境で育ち自然と野菜が大好き。夢は海の見える場所でブリュワリー併設のカフェを開くこと。一社)離乳食インストラクター協会認定講師。オンラインこども料理教室、作り置き料理レッスン、季節をたのしむジャム作りなどの各種レッスンを開催中。

 

Instagram @kimura.hiroko_kayaya

お問い合わせはInstagramからDM、もしく下記URLからご連絡ください。

https://ws.formzu.net/fgen/s78123148

↓前回の記事はこちら

・③季節を楽しむ新たまツナじゃが

・②お野菜たっぷり♡かんたん五目うま煮

 

↓「育てる」のほかの記事はこちら

・オトナが見えているようで見えていない!子どもの本当のキモチ/⑤子どもの幸せを願う親が「まず自分のためにするべきこと」とは?/忙しい毎日でも「幸せを感じる」コツ

・初めての育児 in 岡山/0~1歳ママ応援特集/一年間の成長過程を追う/5月

>一覧に戻る

ログインして「コメントを書く」

Access Ranking

Present

プレゼント