Home>育てる

[ 育てる ]

岡山市立市民病院

岡山市立市民病院

【住所】
〒700-8557 岡山市北区北長瀬表町三丁目20番1号
電話:086-737-3000(代表)
FAX:086-737-3019(代表)

【HP】
http://okayama-gmc.or.jp/shimin/

【日曜・祝日の対応】
連絡があれば担当医師が対応

【初診料】
紹介状がない場合は5,400円

【医師】
産婦人科 6名
(女性医師3名)

【出産費用】
約45万〜

【分娩方法】
経膣分娩
(予定・緊急)帝王切開
※無痛分娩は行っていません
立ち会い出産可

【母子同室・別室】
はじめは別室、様子をみながら、希望があれば同室に

【講演会】
母親学級 全2回
※この中で病棟の見学あり

【予約システム】
紹介ありの場合⇒紹介先の病院から地域連携室へ連絡。
紹介がない場合⇒日によって待ちいただく場合がございます。

【見学会】
受診している方以外からは受け付けておりません。

≪LaLa編集部から≫

 JR北⻑瀬駅から2階連絡通路で直結された市⺠病院には、アクセスの良さから、⾥帰り出産の⽅や、電⾞を利⽤して通院される⽅も多いそうです。
 2017年10月には院内に「マタニティセンター」が開設され、総合病院ならではのサポート体制が整っているのも市⺠病院の魅⼒。⼩児科だけでなく、整形外科・⽪膚科・⽿⿐いんこう科など、院内で他の診療科とも連携できる環境で、⺟⼦の負担を軽減しています。センター長である平松祐司岡山大学名誉教授を中心に、診療科の垣根を越えたチームで妊娠から出産まで安心して過ごせる医療に取り組んでいます。
また、総合病院では、外来と病棟の看護師さんが別々に配置されがちですが、市⺠病院では外来での妊婦健診のときの保健指導を助産師から受けられたり、つわりの時期から不安なときに外来で相談していたスタッフが、お産のときも支えてくれたりするので、リラックスして出産に臨めるようサポートが受けられます。
 今回、お話させていただいたのは根津優子先生。
知識と経験が豊富なうえに、相談しやすい、不安な気持ちに寄り添ってくれるような優しい雰囲気で、選ばれる病院の理由のひとつだと感じました。

▼女性のための妊娠・出産サイト
http://okayama-gmc.or.jp/oth/maternity/

▼マタニティセンター
http://okayama-gmc.or.jp/shimin/guide/guide_detail/index/59.html

 

>一覧に戻る

ログインして「コメントを書く」

Access Ranking