Home>知る

[ 知る ]

ハーブのある暮らし ~「ハーブチンキ」の作り方と使い方~

みなさんの生活の中にすっかり溶け込んでいる、ハーブ。
ハーブは、いろんな場面で役立ちます!
毎日の生活のなかにハーブを取り入れてみませんか?
今回は、ドライハーブを使ったハーブチンキをご紹介します。

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

ハーブチンキとは?

ドライハーブをホワイトリカーやウォッカなどのアルコールに漬け込んで成分を抽出したもので、『ティンクチャー』とも呼ばれています。
お湯や水では抽出できない脂溶性の成分もアルコールには溶けだすため、ハーブの力を一度に効率よく取り入れることができるのが大きな魅力です。
ハーブチンキを作るにはアルコールと無水エタノールで作る方法がありますが、
今回は無水エタノールで作ります。
無水エタノールは飲用としては使えませんが、一度作っておくと、手作り化粧水、虫よけスプレー、ルームスプレー、ハンドクリーム、リップクリームなどに使えますよ。
(アレルギーがある方は使用をお控えください)

ハーブチンキの作り方

① 材料を用意します。
・ドライハーブ10g
(アロマショップ、インターネットで販売しています)
・無水エタノール
(ドラッグストアで販売しています)ハーブが浸かるくらい
・漬け込み用耐熱ガラス瓶 

② 漬け込み用耐熱ガラス瓶を煮沸消毒します
 お鍋にお湯を沸かし、耐熱ガラス瓶を入れます。
 2~3分煮たら清潔な布巾の上に置き、自然乾燥させておきます。

③ ガラス瓶の水分を完全に取り、ハーブを入れます。

④ 無水エタノールを注ぎます。
冷暗所で2~3週間おきます。
毎日一回は瓶を振り、中身を混ぜましょう。

 2~3週間後、茶こしかコーヒーフィルターでハーブを濾します。
できあがり!

 一年くらいは保管できます。
エタノールは揮発性です。使わないときは冷蔵庫で保管しましょう。
燃えやすいので、火の近くにはおかないようにしましょう。

ハーブチンキの使い方

◎化粧水
ハーブチンキ 5㎖
精製水    95㎖
グリセリン 2~3㎖

以上を混ぜるとできあがり。
グリセリンは薬局、ドラッグストアで購入できます。
手作り化粧水だと惜しみなく使えて経済的ですよ♪


◎ルームスプレー
 ハーブチンキ 20㎖
 精製水    80㎖

スプレーボトルに入れ、混ぜるだけで完成です。
お好みのアロマオイルを入れて自分好みの香りにしても♬

◎ハンドクリーム、リップバーム 
みつろう    5g
キャリアオイル(100%植物由来のオイル)   30ml
ハーブチンキ剤    10ml
精油(お好みで)   数滴

①みつろう、キャリアオイル、ハーブチンキを耐熱ガラス容器に入れ
湯煎にかけます。

②みつろうが溶けたら保存容器に移し替え、周りが白くなって固まり始めたら
精油を2~3滴入れ、よく混ぜます。

 

そのまま一時間ほどおき、完成です。

キャリアオイルはアーモンドオイルがおすすめです。
みつろう、キャリアオイルはネットで購入できます。

乾燥が気になるこの時期。
天然のハーブを使ってお肌を乾燥から守りましょう!

>一覧に戻る

ログインして「コメントを書く」

Access Ranking