Home>育てる

[ 育てる ]

はじめてママを全力応援♪ GO!GO!プレママ応援隊
vol.7「元祖マタニティマーク 『Baby in Me®』ロゼット」

初めての妊娠、出産には不安がつきもの。
でも、その一方でマタニティ期にしか味わえない楽しみもあります。
LaLa okayamaでは、これからママになるプレママさんを全力応援♪
岡山で産む、岡山で育てることがもっともっと楽しくなる、
プレママ期・マタニティ期のオススメ情報をご紹介します。

「元祖マタニティマーク 『Baby in Me®』ロゼット」


医療機関を受診して妊娠が確定すると多くの自治体では母子手帳と一緒に
マタニティマークキーホルダーが貰えます。これは厚生労働省が2006年に
『妊娠初期の妊婦さんが周囲に配慮してもらえるように…』と考案したものです。

 


でも実は、それより以前に『日本発!のマタニティマーク』が1999年に誕生していたんです!
その名は、[Baby in Me®] 妊娠をさりげなく、そして何より可愛く…。日本助産学会推薦のマタニティマークです。

Baby in Me®の代表 村松純子さんの活動については≪こちら≫をご覧ください。

そして岡山になんとこの『Baby in Me®』とライセンス契約をしている作家さんがいます!
A piacere.nono主宰のMayumiさん。Mayumiさんは岡山市に拠点を置く有資格者団体『ラプフルamie』に所属している様々な資格をお持ちの先生でもあります。

3/10(日)には赤磐市の熊山英国庭園内にて開催予定の『第2回熊山マルシェ』でもBaby in Me®ロゼットワークショップと販売をされるので是非足を運んでみてはいかがですか♪


MayumiさんがBaby in Me®のロゼットを作り始めたきっかけは、『友人へマタニティマークロゼットをプレゼントしたい』とのご依頼を受けたことからだそうです。マタニティマークは妊婦や赤ちゃんを守るためにつけた方が良いのですが、自分の好みに合ったものがなく、他にいいデザインはないのかリサーチしていたところ、このBaby in Me®️マークに出会ったそうです。そして、代表の村松さんに装飾デザインを提案しライセンス契約に至ったそうです。

とっても可愛いので、妊婦さんの御守としても買われる方も多いそう。気兼ねなくおしゃれに妊婦さんがつけれるデザインBaby in Me®️。
Mayumiさんの商品を手にした方の第一声は「かわいい〜!ハンドメイドの温もりは素晴らしい!作りもとてもしっかりしている!」だったそうです。

 お腹の赤ちゃんと過ごす10ヶ月。長いようで短いかけがえのない時間です。その時の気持ちを忘れないように、マタニティライフを楽しみながらカタチに残るものを作ってみるもはとてもいいですね! 考案者の村松代表やMayumi先生がこれを作られたきっかけも大切な人を思ってこその"優しいキモチ"からです。

大切なお腹の赤ちゃんのために、マタニティの友人や奥様のために…

優しい気持ちでマタニティロゼットを作ったら幸せも倍増しそうですね。可愛くて気持ちのこもったBaby in Me®️は贈り物としてもおススメです♪ 岡山で唯一のライセンス契約作家Mayumiさんの情報は≪こちら≫をご覧くださいね。

 

※掲載画像作品はBaby in Me®の許可を受けて作成した商品です。

 

 

>一覧に戻る

ログインして「コメントを書く」

Access Ranking