Home>育てる

[ 育てる ]

はじめてママを全力応援♪ GO!GO!プレママ応援隊 vol.8「口コミで広がった 樹脂粘土で作るミニチュアベビー安産お守り♪」

初めての妊娠、出産には不安がつきもの。
でも、その一方でマタニティ期にしか味わえない楽しみもあります。
LaLa okayamaでは、これからママになるプレママさんを全力応援♪
岡山で産む、岡山で育てることがもっともっと楽しくなる、
プレママ期・マタニティ期のオススメ情報をご紹介します。

「口コミで広がった 樹脂粘土で作るミニチュアベビー安産お守り♪」

 


大阪府枚方市にあるミニチュア樹脂粘土教室『どんぐり工房』。代表の三雲雅子さんは本も出版されている人気のクレイアーティストです。そこで数年にわたって修行し、2006年にこねこねクラブ認定講師となった渡邉宏江さんを取材してきました!

 

 

 

渡邉先生は2015年大阪から岡山に引っ越し、現在は岡山市北区今にて資格の取れるお稽古サロン『LA PETITE FLEUR-ラプティフルール』を運営されています。 大阪でミニチュア樹脂粘土教室を習い始めた時、お子さんはまだ1歳だったそうです。子連れでも楽しめるお稽古の場を作りたい!と資格を取り、社宅の1室でレッスンをスタートされました。 樹脂粘土で作る1〜2センチほどのミニチュアの動物や人形はとってもキュート♪ 紙粘土や軽量粘土と違って質感が滑らかで本当に可愛いです。 


そんな渡邉先生がキューピーお守りを作り出したのはご自身の妊活の経験からだそうです。二人目不妊で通院をしながらやっと授かった第2子。病院のエコー検査で『今2センチくらいですかね〜』と言われた時、普段作っていた樹脂粘土のキューピーちゃんを思い出したそうです。無事産まれてくれるようにと願いを込めて腹の子と同じサイズのキューピーちゃんに似たミニチュアベビーを作って母子手帳にずっと入れていたそうです。


そして2009年無事男の子を出産。母子ともにとても元気だったそう。当時渡邉先生のレッスンには妊活中のママも多く、ハンドメイドを通じて気分転換をしたり、悩みを相談しあったり、情報交換をしたり子連れオッケーのアットホームな雰囲気の教室だったそうです。そして偶然にも先生が妊娠したと同時期に妊活中だったママたちの中で4人も妊娠したそうです!
生徒さんから嬉しそうに妊娠の報告を受けるたびに一つ一つ思いを込めて作られたそうです。これまで作ってきたミニチュアベビーは100個近く。 そしてみんな安産だったことからいつしか『安産お守り』と名付けられ、妊婦さんご本人だけでなく妊娠した友人にプレゼントしたい!と注文が相次いだそう。
 さらに不妊に悩んでいた人たちからは『これをもらうと授かるらしい!』との噂までではじめオーダーを受けるようになったそうです。


【この安産お守りをもらって無事ご出産されたママさんのコメント】
次女の出産に、手づくりミニチュアベビーお守りをいただきました。
立会い出産希望だったのですが、パパが病室に到着してからものの十数分で誕生!おかげで、全身筋肉痛の様なキシみや痛みもなく、走れそうほど元気でした。もらった安産お守り効果絶大でした!
倉敷市在住 N様 

 

ご出産後、元気に生まれてきてくれた赤ちゃんの手のひらにこの手づくりミニチュアベビー。
お守りをのせた時のお写真も送ってくださいました!

こどもが大きくなっても、このお守りを見る度に『こんな小さかったんだなー』と授かった当時の嬉しかった気持ちを思い出すことでしょうね。

樹脂粘土でつくるミニチュアベビーお守りのお問い合わせ先

LA PETITE FLEUR-ラプティフルール
代表 渡邉宏江
岡山市北区今3丁目9-12-502
mail: la_petite_fleur_2015@icloud.com
090-8247-4794          
HP: http://lapetitefleur2015.jimdo.com

>一覧に戻る

ログインして「コメントを書く」

Access Ranking